どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

子育て・家族

何故か毎日疲れているという話

ブログを始めて9か月が経ちました。 最初の頃は毎日更新することを目標にしており、すこしの間はそれができていたのですが、徐々にできなくなってしまいました。毎晩、子どもを寝かしつける19時過ぎには私自身も電池切れ状態になっているのです。 何故だ…

ある歌の歌詞の話ー『あたしおかあさんだから』

地下鉄の話の続きを書く予定でしたが、今日は別のことについて書きたいと思います。 ある歌の歌詞が話題になっていました。 のぶみさんという方(男性)の作詞された、『あたしおかあさんだから』という曲。 ここに歌詞を貼り付けることはできないのでリンク…

子どもからの問いかけの話

唐突ですが、自分の子どもを生むまで小さい子どもが苦手でした。 理由はいろいろあるのですが、その中のひとつが 「やたらと『なんで?なんで?』と聞いてきて鬱陶しい(らしい)。」 ということ。 でも、自分に子どもができて、「なんで?なんで?」攻撃を…

浮気男についての話

学生時代からの友達と忘年会をしました。 メンバーは、同級生だった山田・井上・河原(いずれも仮名)。 お酒も進んで大層盛り上がったところで衝撃的な話が飛び出しました。 高校3年のときに好きだった高田くん(仮名)がuwakiマンになっているというので…

小さな子どもだけの話

にくまる(息子)が2歳になって1か月たちました。 姉のゆきまるよりも言葉が遅かった彼ですが、2歳になるすこし前から突然話し始めました。 butakosan.hatenablog.com 今は「おかあさん、お茶飲みたい。」という程度の文章は話すようになったのですが、面…

国際結婚についての話

昨日の夜、スペースシャワーTVでたまたまKinKi KidsのMV特集をやっていました。 まだ始まったばかりだったので、もしや大好きなあの曲もやるかなと思ってドキドキしていたら… きたああーーー!!! あーー『シンデレラ・クリスマス』、最高です。 この頃の堂…

2歳になったにくまるの話

前回結婚式の話を書いた続きで、結婚についての話を書こうと思っていました。 ちょうど昨日は『いい夫婦の日』でしたし。 ですが、我が家のにくまる(息子)が2歳の誕生日を迎えたので、その話を書いておこうと思います。 ゆきまる(娘・4歳)と比較すると…

イライラとの付き合い方の話

ブログやTwitterで家族の話をするとき。 基本的には 「子どものためにダンボール箱で作ったバスが早くも破壊されました」 とか 「娘の粘土を使って真実の口を作ったら怒られました」 といったような平和な話題が多いです。 なので、「かわいい子どもや優しい…

「はっきりいつでも君の話を憶えている」と言いたくなる話

今日、Twitterの知り合いの方(男性)がこんなお話をツイートされていました。 数年前の出来事。奥さんの作るカレーはいつもお肉が多いので何の気なしに「今日もお肉たっぷりだねと言った」 →実はその理由は、20年前にその方が来客の前で妻のカレー(その…

Twitterと産後のママの話

このブログを始めたのとほとんど同時期にTwitterを始めて、もう半年弱になりました。 いやーTwitter始めてよかった!!! 良かったことだらけです。本当に。 最近では、産後のママさんたちにもTwitterが良いのではないかという話もあるそうです。そのような…

片想いの話

Twitterを始めて約4ヶ月が経ちました。 どうでもいいことやリアルでは言えないようなことも「つぶやく」というその性質上、 「おい見たか?井戸端会議に集中したい母親が、遊んでほしくて騒ぐキッズ達を黙らせるためにお菓子を与えていやがったぜ。キッズ達…

サンドイッチの話

ゆきまる(娘・4歳)がサンドイッチを食べたいと言うので作ることにしました。 パンにバターを塗りながら、大学生の頃のことを思い出しました。 所属していたサークルが、他のサークルと野球の試合をすることになったときのこと。 当時好きだった先輩が何の…

男児と女児の違い

ゆきまる(娘・4歳)がプール教室に通い始めました。 幼児のコースは1時間で終わりです。 この間、私とにくまる(息子・1歳)はプールの外で待機していなくてはいけないのですが、にくまるのあまりの落ち着きの無さに閉口しています。 先日はとっても怖い…

夫を襲った悲劇

私の夫は4歳年上です。 出会ったのは大学院に通っていたときで、第一印象は「クールそうな人」でした。理由は眼鏡をかけていて、ヘラヘラしていないからという単純極まりないものでした。 (完全にイメージ画像です。) 別にクールな人ではないということは…

マイカーがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!

前回からの続きです。 butakosan.hatenablog.com 去年までずっと車が必要ない土地で生活していました。 たとえば東京。基本的に地下鉄・私鉄で移動します。そして車を持っても駐車場代が高くて維持費がかかる上に、都心は道が混んでいることが多くて時間が読…

遠足の話

ひどい筋肉痛で日常生活に支障が出ていました。 原因は、幼稚園の親子遠足です。 親子遠足というけれど、広い公園の原っぱのようなところでみんなでハンカチ落としやフルーツバスケットとかして「アハハウフフ」と戯れる程度でしょ? そう思っていたのが大き…

カラオケの思い出

昨日の記事で、風邪で寝込んでいる間に子ども時代のことを思い出したと書きましたが、 butakosan.hatenablog.com 幼少期のことは結構憶えている方だと思います。 先月温泉でゆきまる(娘・4歳)とデュエットしたときにも、実は悲しい出来事たちを思い出して…

観に行けなかった映画の思い出

風邪をひきました。 それだけなら半年に一度くらいの頻度で起こるさほど珍しくもないことなのですが、やけに節々が痛いと思ったら39℃を超える熱が出ていました。久しぶりに味わう、寒気がして体がガタガタ震える感覚。もうとにかく不快でした! そういえば…

性格と相性の話

娘(ゆきまる・4歳)が風邪をひきました。 熱と鼻水で苦しそうにしながら横になっているところへ弟(にくまる・1歳)が近づいていきます。 声がでかい。 「でかい」という言葉は子どもの頃に母から禁止されたのですが、その母(にくまるのおばあちゃん)で…

食事の話

8月最後の週末がやってきました。 明日は久しぶりに美容室に行きます。 約2ヶ月前のこの日以来初です! butakosan.hatenablog.com ちなみにこの日は美容師さん(小学生のときからの友人)と、 美・友人「長さどうする?」 私「えーと…全体的に伸ばす方向で…

おじいちゃんの話

自分が「ああ親になったんだなあ。」と思うとき。 ずっと嫌いだと公言していた小さい子どもをかわいいと思ったときでもなく、自分の洋服のことを忘れて子どもの洋服を選ぼうとしているときでもなく、ひとりで外出した際に留守番している娘のためにおみやげを…

ライブ@定山渓温泉

お盆期間中に、札幌の奥座敷・定山渓温泉へ行ってきました。 郷土愛が人一倍強いことをいろいろな方面に散々アピールしておきながら、定山渓という地名が人名由来であることを今回初めて知りました。 …。 新しい知識はすぐに誰かに言いたくなるタチなので書…

盆踊りは夏の終わり

今日は家の近くの公園で盆踊りが行われました。 今住んでいるのは生まれたときから18歳で家を出るまで暮らした家なので、この盆踊りにも小学生の頃から高校3年まで毎年必ず行っていました。この日は年に一度、浴衣を着せてもらえる日なのです。毎年それは…

思い込みについて

先日、夫が誕生日を迎えました。 ここ数年は毎年「やべーもう3X歳だ、やべーな!」と言い続けては私に「やばいと思うなら何かしなさい。」と言われてしまう夫ですが、ちょうどすこし前に、 ぶた子「岡村ちゃんが35は中年だって歌ってるんだけど!!35…

続・バスでの出来事(完結)

昨日の記事(こちらです。↓)の続きです。 butakosan.hatenablog.com 三行でまとめると 「バスの中で大暴れする男児 それをコントロールできない母親 ぶた子、スコップを掴んで注意する」 ということになるのですが。 学生時代であれば、 「あのクソガキ、親…

バスでの出来事

先日、ゆきまる(娘・4歳)にくまる(息子・1歳)と一緒にバスに乗っていたときのことです。 9時台のバスにはお年寄りの乗客が多く、会話している人はほとんどいません。そんな静かなバスに、40代と思われる母親と、片手に柄の長さが40cmくらいあるプ…

若さの秘訣

ゆきまる(娘・4歳)の体操教室4日目。授業が終わってお昼ごはんを食べているときのことです。ゆきまるがすこし照れた表情で話しかけてきました。 ゆきまる「おかあさん、ゆきまるね、よっしー先生(※先生のニックネームです。)のこと好きなの。でもね、…

体操教室へ行った話

ふと気づけば、このブログを始めてもうすぐ3か月が経とうとしています。 1つの記事につき1枚はイラストを描いているので、少なくとも90枚のイラストを描いてきたということになります。短期間にこんなに絵を描いたのは初めてです。 今googleで「オリジ…

経験と想像力

息子にくまる(1歳)を連れて外出すると、お年寄りが必ず声をかけてくれます。 もう、とにもかくにも愛想のいい子なのです。おまけに、名前が「にくまる」なだけあってちょっとふくよか。 全身むっちむちで、ムダ毛や吹き出物なしのトゥルントゥルン。特に…

堕落の道

先日の記事で、自分がゾンビであったということを書きました。 butakosan.hatenablog.com ひょっとすると、育児奮闘中の主婦=ゾンビであると受け取れないこともない表現だったかもしれません。そういうわけではなく、自分の頭で何かを考えることをしない状…