どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

Xmas Loveに行った話

今年も残すところあと数日となりました。特にわけもなくしみじみしています。

12月23日・24日にはオリジナル・ラブのクリスマスライブ、その名も『Xmas Love』がありました。東京と大阪の二箇所で開催されるイベントですが、今年はバンドでのライブだったので、23日の東京公演に行ってみることにしました。

会場は渋谷のTSUTAYA O-EASTです。

EAST | Shibuya O-GROUP

初めて行く会場でしたが、横に長いステージが印象的でした。

オールスタンディングなので入場してからは立って開演を待ちます。

17時の定刻通りにライブが始まりました。

 

『ジングルベル』

男性は赤いサンタ帽をかぶり、田島さん木暮さんはサンタのヒゲもつけています。これが反対側が透けそうなほどペラペラで逆にいい味を出しています。真城さんはモコモコのロシア人風の帽子をかぶっていました。照明が当たるステージでは暑いだろうけどとてもかわいい。

田島さんの衣装は、深緑のジャケットに黒のパンツです。ジャケットの襟のところにスワロフスキー?スパンコール?がキラキラ輝いていました。ひとりソウルの時の赤いジャケットの色違いかもしれないという話が出ましたが、真相やいかに。

オリジナル・ラブの演奏による『ジングルベル』は大人っぽくて、真城さんのコーラスが効いていてとても素敵でした。

 

さて、セットリストは別の方がアップされているので、特に印象に残った曲を挙げてみます。

『Tender Love』

初めて生で聴きました。イントロからテンションが上がりますね!!
田島さんと小暮さんがふざけているMVが好きなので、本物二人が並んでいるのを見られてうれしかったです。木暮さんのキメ顔も炸裂していました。

MVで「パーティーへようこそ!」というシーンがあるので、まさにクリスマスパーティーのオープニングにふさわしい曲。とっても盛り上がりました!

 

『接吻』

ライブの定番中の定番ですが、今回はちょっと変わったアレンジでした。というのは、前奏は弾き語りやひとりソウルの時と同じギターソロなのですが、そこから「♪あーあー」と歌い出すのではなく「♪なーがーくー」から始まったのです。このバージョンは聞いたことがなかったので新鮮でした。
歌詞の間違いもレアでしたね(2番を2回歌うような形になっていました)。

 

『ゼロセット』

終演後に会場で流れていたことからも、来年2月に発売になるアルバムの中で特に力を入れて作られた曲なのだろうという印象。

夏のバンドツアー、秋のひとりソウルでも演奏されましたが、オリジナル・ラブらしくてとても良い曲だと思います。疾走感がたまらないですね!歌詞もなんとなく聞き取れてきたような気がするので、早くアルバムの歌詞カードで答え合わせをしたいです。

この曲でミュージックステーションとかに出てほしいなあ…。

 

『R&R』

この曲は去年のひとりソウルで演奏されましたが、バンドで聴くのは初めてです。

以前演奏された様子は動画で何度も観ていたのですが、やっぱりすごく盛り上がる曲だなあと実感しました。イントロから観客のテンションがブワッと上がるのが伝わってきます。

ORIGINAL LOVE "R&R" TRIAL SESSION - encore/4 - YouTube

この動画では最後に田島さんがギターの弦をブチブチと引きちぎっていますが、今回も同じようにブチブチするパフォーマンスを見られて「おおっ、動画とおんなじだ…!!」と地味に興奮してしまいました。

 

今回はライブ全体を通しての雰囲気もピリピリ感がなくいつもよりゆるい感じで、MCもリラックスムードが漂っていて面白かったです。(以下、敬称略です。)

田島「槇原くんが好きでね、最近ファンになっちゃって、テレビに槇原くんが出てると『あっ!槇原くんが出てる!』なんつってね。このひげも槇原くんのイメージなんですけどね」

木暮「そんなんじゃない(笑)」

田島「オリジナル・ラブ、30年やってますけども。いつまでもMCが上手くならないっていうね。そのへんの人の方よっぽどうまく話してる。そのへんの人って言っちゃあれですけど(笑)。槇原くんを見習ってMCもちゃんとしたいと思います。」

とか、

田島「ここでMCしろってなってるんですけど、特に話すことがないんだよ。木暮なんかある?」

観客「木暮さーん!」
木暮「 (木暮じゃない、)サンタです!」
田島さん「どこから来たの?」
木暮「北欧です。」
田島「北欧っぽい顔してるもんね!」
木暮「言われたことがないよ。」
田島「木暮はお姉ちゃんがいるんですけどね、結構きれいな。お姉ちゃんも北欧っぽい顔してるんですよ。」
木暮「会ったことないだろう。」

田島「いつになく適当ですけども。」

木暮「困った時にふるのやめて?」

こんな感じで、このふたりのやりとりを真城さんが笑いながら眺めているという和やかなムードでした。

 

あと、何の曲だったか忘れてしまいましたが謎の曲中MCがあり、

田島「これから、この近くに寄って帰る人たちがいる!僕は帰りますよ、寄らないで家に直行します!」

と言われ、観客もえっ何を言い出すのという空気になっていたのが面白かったです(会場は道玄坂のラブホテル街の中)。

ほかにも、ステージ下手のスピーカーか何かに登りかけてやめるという謎の行動あり、サンタのペラペラな白ひげを放り投げる→真城さんが銀色の楽器の先端部分にひっかけて見事キャッチするという連携プレーありで、とても自由な空気で楽しめるライブだったと思います。

 

アンコールでの最後の曲『R&R』が終わっても観客の拍手はずっと鳴り止まず、タイミングよく『ゼロセット』が会場内に流れたので(今思えばアルバムの宣伝のためなのでしょうけれど)、観客はなおさらもう一度出てきてくれるのではと期待している感じでした。しばらくすると田島さんがひとりで出てきて、観客にお礼を言ってくれて、2時間弱のライブは終わりました。

 

これにて今年のライブは終了!

北海道から遠征して行きましたが、いろいろ楽しい思い出ができました。

来年も元気にライブに行けますように。