どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

弾き語りライブに行った話・その弐

昨日からの続きです。

butakosan.hatenablog.com

あくまで個人的な感想ですが、今回の弾き語りライブはバンドツアー・ひとりソウルと比べて、

「セットリストを知らないで聴いた方が楽しめる度合い」

が高いと思います。

ツアーが終わるまで具体的な曲名は出せませんが、

「えーーこの曲やるの!?」

とか、

「うわあ、この曲をこうアレンジしてきたか!!」

と新鮮な驚きとともに楽しめたライブでした。

そんな中で特に印象に残った場面について書きたいと思います。

 

まずひとつめ。

田島さんがソウルパワーを出しまくり、ビシっとセットされた髪型が乱れたとき。

まだ数曲目なのに、

ボサボサになりました。

 

ふたつめ。

演奏を終え、椅子から立ち上がって両手を大きくブンブン振りながら去っていこうとした田島さんがアンプか何かにつまずき、ステージ上に置かれた物を倒したとき。 

全然動じていませんでした。

おじさんがステージ袖から出てきて倒れた物を直していましたが、直り具合が微妙でした。

 

みっつめ。

同じライブを見た男性から感想を聞いたところ、 

 

「貴男が興奮して

『客電つけて!客が見えねーだろ!』

って言った時がハイライトでした。」

 

と言っていて笑ってしまいました。

私もこれが一番印象に残りましたね。

曲が終わった後で田島さんが客電つけてと言うのですが、なかなかつかなかったのです。

もう一度客電つけて!!と言う田島さん。

なぜか私が焦りました。

ちょっとスタッフ何してるの?早くつけて!?たじまんが機嫌悪くなっちゃうよ!!

何なら私が走って行ってスイッチを「ポチッとな」しようかとさえ思った瞬間、やっと客席が明るくなりました。

あーーよかった。

 

最後、よっつめ。

田島さんがとある曲を演奏している最中、ギターとアンプをつなぐコードが抜けてしまったのです。もちろん田島さんは再度繋ごうとしますが、諦めました。そしてアンプとつながっていない状態のギターを抱えてステージのギリギリのところまで出てきて歌い続けてくれました。マイクも近くにはありません。完全に生歌&生ギターです。驚いたのは、

歌声>ギターの音

だったことです。

私は3列目の中央にいたのですが、ギターの音はかすかに聴こえるかなというレベルでした。もっと後ろの方から見たら完全にエアギターに見えたと思います。

でも歌声はきちんと聴こえたのです。

すごい。

そしてステージを練り歩く田島さん。

会場の興奮は最高潮に達し、田島さんは両手を大きくブンブンと振り、右手を大きく振り、ステージ左手に去っていきました。

 

「ありがとーう!!!

 

ソウルパワー!!!

 

 

やっぱりソウルパワーかい!!!

 

f:id:butakosan:20180320235905j:plain

ソウルパワーを出しすぎて髪がボサボサになった田島さん。私はこれくらい乱れた方が好きかなー

 

 

続きはこちら。

butakosan.hatenablog.com