どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

ビートルズの話 その参(完結)

今日はビートルズ記念日らしいです。1966年の今日、ビートルズが最初で最後の来日を果たしたことにちなんでそう決められたとのこと。

ビートルズの思い出を二回にわたって書いてきましたが、せっかく記念日なので今日続きを書いて完結させたいと思います。

 

高校時代からの友人に杉山という人物がいます。

杉山とは、高校1年で同じクラスになって仲良くなった頃から卒業まで、かなりの頻度でメールをしていました。大学に入ってからもそれは続いたのですが、お互い忙しくなって頻度が減り、いつしかやりとりは途絶えてしまいました。それでも杉山は、旅行に出かけたときには旅先からポストカードを送ってくれました。投函された場所を見るといつも、日本ではないどこか遠い国でした。

この杉山という人物は洋楽が好きで、私もいっとき影響を受けてクイーンやオアシス、レディオヘッドを聴いていた時期があるのですが、ビートルズにも詳しくて、特にジョン・レノンをずっと好き(というか尊敬の域に達しているよう)でした。

そんな杉山が6年前、結婚して東京から関西へ引っ越すことになった私のお別れ会を開いてくれたのです。「今日はとっておきの場所を探しておいたよ。」と得意げな顔で連れて行ってくれたのは、

f:id:butakosan:20170629234059j:plain

六本木にある『ABBEY ROAD』ビートルズのコピーバンドが演奏するライブハウスでした。

ここで初めてビートルズのコピーバンドの演奏を聴いたのですが、完成度の高さにただただ驚きました。そして意外だったのは、それまで地味で目立たないと思っていたドラムが、バンドの生演奏を目の当たりにするとかなりの存在感を放っていて、ものすごくかっこいいということでした。

メジャーな曲からマイナーな曲まで、観客のリクエストにも応えながら演奏してゆくステージはあっという間に終わってしまいます。1ステージしか観ることができませんでしたが、東京を離れる直前の楽しい一夜でした。

 

その後も、関西でビートルズのアマチュアコピーバンドのライブに行ったり、札幌でビートルズバーに行ったりしています。それくらいビートルズが大好きです。

f:id:butakosan:20170629234116j:plain

とにかく大好き。

(メンバー全員鼻高いな…うらやましい。)


このように私の中ではもはや殿堂入りしているといえるビートルズですが、唯一にして最大の弱点は。

何が起こっても、決して、本人たちの生の演奏を聴くことができないということです。

自分が生まれる随分前に解散してしまっていた上に、ジョンも亡くなっていました。

高校生になってからジョージのかっこよさに気づいたのに、その後すぐに病気で亡くなってしまいました。

最初に好きになったミュージシャンで、その後も唯一ずっと好きでいるミュージシャンなのに、リアルタイムで応援することができない。
そんな悔しい思いをずっと抱えてきました。
だからこそ、今オリジナル・ラブにハマることができたのはとてもうれしいことなのです。
やっと、リアルタイムで聴いて、ライブにも足を運びたいと思えるミュージシャンに出会えた。


オリジナル・ラブも、ビートルズと同じように殿堂入りミュージシャンになったらいいなと思っています!!!

 

そうなるかどうかがかかっているとっても重要なイベントである、

オリジナル・ラブのライブ@札幌まで

あと  日!(もうあと3日しかないのか…)

 

ツイッターをはじめました。

twitter.com

オリジナル・ラブの各アルバムから選ぶ一番好きな曲 その七

今朝、友達からLINEが来ました。(以前ブログにも登場した、ひそかに「応援の先輩」と思っている友達です。その友達のエピソードはこちらです。↓) 

butakosan.hatenablog.com

田島貴男さんが咳喘息だったというニュースを見て連絡してくれたのですが(ここでもニュースになっていますね↓)、

www.daily.co.jp

応援の先輩「たじまん~!!札幌公演、元気に行われることを願ってます…」

 

と。ご心配いただきありがとうございます。

私もとても心配です。

 

ほかにも、

 

オリジナル・ラブのライブもうすぐだね!感想ブログ楽しみにしてます!」

 

というLINEをくれる友達もいたりして、ありがたくて涙が出そうです。

 

特筆すべきは、この友人たちはほんの数ヶ月前まで、オリジナル・ラブのことも田島貴男さんのことも知らなかった人がほとんどだということです。そのような友人たちから「たじまん」「オリジナル・ラブ」という言葉が聞かれるなんて、これだけでもブログを始めてよかったというものです(泣)。

 

ところが、オリジナル・ラブの話を聞いてくれている友達に「最新のたじまん」という趣旨でこのイラストの元になった画像を送りつけたところ、 

f:id:butakosan:20170628230428j:plain

「たじまんのピースw」と笑われました。

笑うんじゃない。

 

さて、「オリジナル・ラブの各アルバムから1曲ずつ好きな曲を選ぶ」というテーマで記事を書いていますが(直近の記事はこちらです。↓)、

butakosan.hatenablog.com

今日は8thアルバム『L』から選びたいと思います。

L / DISCOGRAPHY / ORIGINAL LOVE OFFICIAL WEB SITE

 

正直に言います。このアルバム、自分の持っているオリジナル・ラブの全アルバムの中では、「さてこれを聴こうかな」という風に選ばれることが少ないアルバムです。作品の質を否定しているというわけではもちろんなくて、単純にこのアルバムの方向性が私にはあまり合わなかったのかなというくらいの意味です。(打ち込みを駆使した音作りがされたアルバムだと言われているようです。)

けれど、最初に聴いたときよりは今の方が楽しく聴けるので、スルメ的な味わい方ができるアルバムなのかもしれません。

そんな『L』から選ぶ1曲は『大車輪』。

ORIGINAL LOVE 大車輪 - YouTube

楽器の音なのか何なのかわからない音から始まります。車のエンジンをかける音かな?

この音がサビの部分で非常にカッコよく効果的に使われています。終始不思議な雰囲気の曲としか表現できないのですが、田島貴男さんのセンスを感じる1曲でとても好きです。

しかし…。上に貼ったのはライブの映像なのですが、田島貴男さんは本当に歌の上手な方だと思います。ライブになるとCDとの完成度の違い(音を外すとか、声が出ていないという観点です)が浮き彫りになるミュージシャンも少なくないと思うのですが、田島貴男さんはそういうことがないですね。音を外さないのは大前提として、それに加えてCDよりも勢い・迫力があるくらい。

本当に4日後のライブが楽しみです。

 

ジャケットはこちら。

f:id:butakosan:20170628230052j:plain

このジャケットを見るといつも、どこかのブログのコメント欄にあった田島貴男が写っていないジャケットは自分にとってはハズレジャケットだ」という大胆かつ田島貴男愛溢れるコメントを思い出します。

 

 

続きます。

 

 

オリジナル・ラブのライブ@札幌まで

あと  日!(全然実感がわきません、どどどうしよう。)

 

ツイッターをはじめました。

twitter.com

 

ビートルズの話 その弐

以前書いた「ビートルズの話 その壱」の続きです。

butakosan.hatenablog.com

 

ビートルズの4人はみんな好きなのですが、一番好きなメンバーはポールです。
どれくらい好きかというと、学生時代に好きだった男の子がぱっちり二重だったため、仲間内でこっそり『ポール』というニックネームをつけていたくらいです。

f:id:butakosan:20170627223449j:plain

ちなみにポールとは今でも仲がいいのですが、陰でポールと呼んでいたことは本人には死ぬまで内緒にしようと思っています。

 

ポール(本人の方です)のどこが好きか、改めて考えてみました。当たり前なのですが顔だけではなく作る曲も書く詩も歌声も、ベースプレイがかっこいいところも好きです。いろんな楽器を演奏できるところも好きです。あ、背が高いところはもちろん好きです。


これまでの人生、辛い時にはビートルズを聴きました。

楽しいときにもビートルズを聴きました。

 

大学時代に、高校からの友達4人と屋久島の縄文杉を見に行ったことがあります。

通っていた大学が全員異なっていたため、住んでいる場所が札幌・仙台・東京・名古屋・京都とバラバラだった旅のメンバー。とりあえず福岡に集結して、そこから青春18きっぷで鹿児島まで南下し、貨物用フェリーで種子島を経由して屋久島に渡るという「お金はないけど時間だけはたっぷりあるぜ!」といった風情の旅です。

屋久島ではレンタカーを借りて車移動しましたが、メンバー全員がビートルズ好きだったので、車内ではずっとビートルズをかけていました。みんなジョン・ポール・ジョージすべてのパートを歌うことができて、誰が言い出すともなく常にハモっていました。

f:id:butakosan:20170627223516j:plain

山道を走りながらみんなで歌ったこの曲を今でもたまに聴くことがあります。

It Won't Be Long - YouTube

メンバーのひとり・鈴本ができたばかりの彼女に毎晩毎晩電話するのがあまりにも鬱陶しくて腹が立ち、「あいつどうにかしてほしい」と怒っていたら他のメンバーになだめられたこと。

鈴本が「彼女がぶた子さんと話したいって言ってる」というので電話を代わって挨拶したら、「ぶた子さん鈴本くんのこと好きなんですか?」と疑いをかけられて「んなわけないしょや馬鹿者!!!」という言葉が喉元まで出かかったこと。

みんなで浜辺で戯れている時に鈴本がズボンのポケットに入れていたデジカメを海に落としたらしく、しばらくたってから「カメラがねえ!」と騒いでいたけれど、みんなあんまり慰めなかったこと。

車の後ろに積んでいた荷物が山道のカーブで倒れて鈴本のキャップにコーヒー牛乳がかかり、その後の登山の間じゅうずっと鈴本の周りにハチがたかっていたこと。

 

あの1週間の旅の思い出が鮮やかに蘇ってきます。

 

お気に入りの曲はどれを聴いても、何かしらの思い出がくっついてくるのがビートルズです。

 

また長くなったので続きます。



 

オリジナル・ラブのライブ@札幌まで

あと  日!(田島貴男さんは咳喘息らしいです…心配です。)

 

ツイッターをはじめました。

twitter.com

オリジナル・ラブの各アルバムから選ぶ一番好きな曲 その六

夕方、夫からLINEがきました。

「あべまtvみてくり」「将棋チャンネル」「藤井が戦ってるはず」

それからテレビをつけて対局を見ていたのですが、藤井聡太四段が勝ちましたね。公式戦連勝記録はこれまでずっと28だったのが、今回藤井四段が勝利したことで30年ぶりに記録が塗り替えられ、29という新記録が樹立されたそうです。

聞けば藤井四段はまだ14歳だとか。中学3年生でこの活躍と落ち着きぶり…自分は中学3年生のときどうだっただろうと振り返ると、当時好きだった人(通称「横綱くん」)のことが意識の9割を占めているような状態でした。(横綱くんについてはこちらに詳しく出てきます。↓)

butakosan.hatenablog.com

横綱くんと一言でも会話できた日にはそれだけでごはん3杯食べられるくらい幸せだった、

f:id:butakosan:20170626234226j:plain

そんな自分の中学時代を思い出すと、やっぱり藤井四段は違いますね。

今回の対局では、対戦相手の増田康宏四段も10代という若手であり、さらに非凡な棋士であることが注目されていました。増田四段もかつて13歳で三段に昇段し、14歳四段に限りなく近づいて話題になったそうなのです。藤井四段の快進撃を止める重責を担わされたのがこのような経歴を持つ若き棋士であったことに、夫は「プレッシャーすごかっただろうなあ、これで心が折れてしまわなければいいけどなあ」と心配していました。

私自身は将棋のルールは全くわからないのですが、増田四段を応援していきます。そう思って早速増田四段をTwitterでフォローしました。10代~20代の若者が持つ、「俺は絶対にやってやるぜ!」という勢いというかパワーは底知れないものだと思うのです。今回藤井四段に負けてしまったことはさぞかし無念だったろうと思いますが、痛めつけられてもそこから生還すると戦闘力が上がるサイヤ人のように、増田四段にはさらに強くなっていってほしいです。挫折を乗り越えた人の方がいざというときに強いし魅力的だとおばちゃん思うよ!

 

さて、「オリジナル・ラブの各アルバムから1曲ずつ好きな曲を選ぶ」というテーマで記事を書いていますが(直近の記事はこちらです。↓)、

butakosan.hatenablog.com

今日は7thアルバム『ELEVEN GRAFFITI』から選びます。

http://originallove.com/discography/553

タイトルの通りいろいろなカラーの曲が集まっていてとても楽しく、個人的には聴きやすいアルバムだと思っています。2曲収録されているインスト曲も好きです。

そんな『ELEVEN GRAFFITI』から選ぶ1曲は『アイリス』。

ORIGINAL LOVE アイリス - YouTube

歌い出しの一音目から印象的なとても美しい曲です。

歌詞は既婚者である女性との道ならぬ恋を歌っているように解釈できるのですが、そのような許されぬ恋に身を焦がしている間の、現実を生きていながらも非現実的な感覚に包まれている様子がメロディーに表れている気がします。

 

“愛していたいと呟いて 深い傷の中に 嘘を捨て 冬空に消えたアイリス”

 

相手の女性は最後には去ってしまったということでしょうか。どうしようもないこととはいえ、終わり方も切ない1曲です。

この曲が美しいだけに、有島の薄っぺらさと無責任さを思うとはらわたが煮えくり返ってくるう…!!(怒りという反応でのあなそれロス)

 

ジャケットはこちら。

f:id:butakosan:20170626231411j:plain

うちの娘(ゆきまる・4歳)と息子(にくまる・1歳)も狭いところに入りたがります。

 

続きます。

 

 

オリジナル・ラブのライブ@札幌まで

あと  日!(そろそろライブ当日の天気予報を見ておこう。)

 

ツイッターをはじめました。

twitter.com

 

マイケル・ジャクソンの思い出

二日前の金曜日、予定されていたオリジナル・ラブ『エターナル・リターン・ツアー』の名古屋公演が田島貴男さんの体調不良により中止となったことについて書きました。

butakosan.hatenablog.com

その後大事には至らず快復され、今日の新潟公演は無事に開催された模様です。

よかった。娘(ゆきまる・4歳)も安心しています。

金曜日には、田島貴男さんを心配するファンのツイートがタイムラインにたくさん流れてきました。その中には、「田島貴男はかつて肋骨を骨折しても、高熱でフラフラでもステージに立った。」というものがあり、それを読んだ瞬間グッときました。

どうか全快までお大事になさってください。

来週の札幌公演、とても楽しみです!!!

 

今日6月25日はマイケル・ジャクソンの命日でした。

マイケルも、ビートルズと並んでとても好きなミュージシャンです。

幼稚園の頃、マイケルがダンスしているビデオを母が観ていて、それを横で眺めている…それが、マイケルにまつわる最初の記憶です。

その後、車の中で父がモータウンのヒット曲を集めたカセットテープをかけるようになり、子ども時代のマイケルが所属していた兄弟ユニット「ジャクソン5」の代表曲『ABC』や『I'll Be There』、『I Want You Back』を聴きました。

モータウン - Wikipedia

それからしばらく経った後、父がとあるビデオを入手してきたのです。それにはこう書かれていました。

Motown 25: Yesterday, Today, Forever』

このビデオは1983年にモータウン25周年を記念して行われたコンサートの模様を収録したものです。コンサート自体が私が生まれるより前のことで、当時子どもだった自分にとっては「ずっと前」の映像でしたが、出演者が披露する楽曲がいずれもハイレベルで飽きずに観ていました。その中でマイケルが、当時の新曲『Billie Jean』に合わせて、

初めてムーンウォークを披露したのです。

衝撃でした。

当時我が家にあったのは今と異なり画面が小さくぶ厚いテレビで、その小さな画面の中で鮮やかなダンスを繰り広げるマイケルに目が釘付けになりました。

そしてすぐさまテレビの前で、

マイケルのダンスをコピーする訓練を開始したのでした。

中学1年生か2年生の頃の出来事でした。

 

結局すべての振り付けを再現することはできず、というよりは、同じ振り付けなのに人間離れしたキレのある動きをする「カッコいい」を具現化した存在野生のゴリラともいうべき差があることに気づいた私は、あえなく練習することをやめてしまいました。(でもムーンウォークだけはちょっとできます。)

ダンスの真似は諦めたけれど、曲はいつまでも大好きです。

f:id:butakosan:20170625220907j:plain

マイケルの曲の中でも特に大好きな1曲を紹介して今日はおしまいにしたいと思います。

www.youtube.com

 

 

オリジナル・ラブのライブ@札幌まで

あと 7 日!(あとちょうど一週間!!!

 

ツイッターをはじめました。

twitter.com

あなたのことはそれほど 気になったこと

毎週観ていたドラマ『あなたのことはそれほど』。最終回の感想は既に書いていますが、どうしても言及しておきたいことがあったので最後に記事にすることにしました。(最終回の感想はこちらです。↓)

butakosan.hatenablog.com

ドラマは、個人的には最も重要だと感じている設定を改変しています。

それは、

美都と有島の中学時代の関係性

です。

美都は特に親しくもない有島に対して一方的かつ熱烈に思いを寄せている、というのは原作もドラマも同じです。しかし…

原作漫画:有島は美都が自分をよく見ていることに気づいて「気持ちわり」と言うなどしているが、あるときたまたま美都の部屋に招かれ、その場の雰囲気で肉体関係を持つ。その後、美都を避けるようになり、お互い気まずいまま卒業して疎遠に。

ドラマ:ある夜、家にいたくない美都が夜の公園で時間をつぶしていると有島が現れ、いっしょに四つ葉のクローバーを探す。その後、美都の部屋に招かれ、そこで美都を抱きしめそうになるが、それを突き飛ばす美都。ふたりは気まずいまま、有島は転校してしまう。

 

これ、全然違いませんか?

ぜんっぜんちがうと思います。

 

昔の同級生と偶然かつ久しぶりに再会して何時間も経たないうちに肉体関係を持つ、これって不自然ですよ。これが唯一不自然じゃない条件があるとしたら、以前すでに関係があった間柄ということだと思うんですね。ドラマだとものすごくピュアな思い出じゃないですか。ふたりで夜の公園で四つ葉のクローバー探しちゃうんですよ?なにそれ。甘ずっぱすぎる。私も探したい。

それなのに、有島が美都を突如ホテルに連れて行くという展開に持ち込むのは、たとえそれがかつて自分を好きだった女性相手だから拒否されないかも…と考えたとしても、あまりにも唐突で勝算がなさすぎる気がします。そして美都も、かつてのピュアな恋の思い出に傷をつけるようなことを果たしてするだろうかというのが疑問です。

そもそも、美都が有島を運命の相手だと信じていた根拠が、自分の「初めての相手」だったからなんじゃないかと。

 

ここで自分語りをしてしまいますと、歴代徳川将軍の数よりも好きだった人の数(彼氏の数ではなく一方的に好きだった片思いの相手です。)の方が多い私ですが、中学3年の時に好きだった人のことは鮮明に覚えています。いまだにその人の夢を見ることがあり、それを逐一夫に報告するので夫婦の話題にも登場する頻度が高く、「歴代好きな人番付最上位」認定をされて横綱くん」と呼ばれている彼ですが、

はっきり言って、特に親しくもなかったのです。


会話したのは5回くらい。それも雑談で盛り上がったとかではなく、「はい、これ日誌。」「ありがとう。」というようなやりとりだけ。

でも、その横綱くんのいろんな姿をはっきり覚えているんです。

理科室で実験したときに隣の班にいて、アルコールランプで火傷した指を水道で冷やしている私に「大丈夫?」と声をかけてくれたこと。

運良く隣の席だったとき、プリントの回収ではいつも黙って私の分も持っていってくれたこと。

卒業式の日に横綱くんの家があるマンション前の雪山のかげで待ち伏せしていて、「第二ボタンください」と言ったらちょっと照れながら渡してくれたこと。

横綱くんとは親しくなかったけれど、熱狂的に好きでした。横綱くんは永遠の横綱です。

f:id:butakosan:20170624150511j:plain

もし今横綱くんに会えたら、話したいことはたくさんあります。あの頃横綱くんのことすごく好きだったんだよねと、きっと言うと思います。

でも、横綱くんは、もしそういう会話をしたとしても有島のようなことはしないと思います。あまりにも唐突だから。仮にしてきたとしても、そういうのはやめようと言います。自分が結婚しているから不貞行為になるというのはもちろん当然のこととして、万一横綱くんとそういうことをすると、上に書いたような思い出に傷がついてしまうと思うから。

横綱くん、悪い男になったのね。」と笑って、家に帰ります。

 

美都もそうすればよかったのに!

 

「有島くん、悪い男ね。」って笑って、本当はちょっと傷ついているんだけど全然傷ついてないよっていう顔をして、何言ってるのよ~なんて平気なフリをして、もう二度と交わることがなかったはずのお互いの人生がまた一瞬だけ交わるなんて偶然ってすごいなと思いながら帰りに一人でカラオケボックスに寄って。

泣きながら『SWEET MEMRIES』を熱唱して、スッキリした顔で家に帰ればよかったじゃん。

岡村靖幸 SWEET MEMORIES - YouTube

間違えた、こっちじゃない。 

松田聖子 SWEET MEMORIES (1984) - YouTube

これですこれ。

 

でもそもそも美都ってそういう展開で傷ついたりしない女なんでしょうか?

しかも『SWEET MEMORIES』を歌って帰っちゃったらドラマが1話で終わってしまいますね。

 

…。

 

♪んなつかし~ひぃ~~~、いつぁみだぁわぁ~~っベイベェ!!(上の動画参照。)

 

 

オリジナル・ラブのライブ@札幌まで

あと 8 日!(あと一週間ちょい。)

 

ツイッターをはじめました。

twitter.com

 

オリジナル・ラブ名古屋公演が中止になった話

今日はオリジナル・ラブ『エターナル・リターン・ツアー』名古屋公演だったのですが。

このような大変な事態が。

なんということでしょう。

以前の自分だったら、誰かミュージシャンが体調不良でライブをキャンセルしたと知っても「ふーん。」という程度の反応しかしませんでした。けれど今、オリジナル・ラブのライブまであと何日あるのか指折り数えて、それこそ幼稚園児の娘のようにあと何回寝ればその日が訪れるのかと楽しみに待ち焦がれる身になって初めてわかりました。

ライブが中止になるということは、観に行く予定のファンにとってはものすごく辛いことです。

大好きなミュージシャンを生で見る機会・生歌を聴く機会が失われたことそれ自体が辛く悲しいというのもありますし、そのミュージシャンがどのような思いで中止という決断を下したかということを想像すると、それによってまた胸が締めつけられるような気持ちになります。

先ほどのツイートの3時間弱後、このようなツイートが投稿されました。

田島貴男さんが中止を発表したのは、今日の15時過ぎです。開場は18時。そして、ライブが行われる名古屋まで行っていたことがこのツイートからわかります。ギリギリまで粘っての決断だったであろうこと、約35年の間でライブを中止にしたのが初めてだと書かれていることから、ご本人もさぞかし悔しかったであろうことは想像に難くありません。

「本日のライブは中止」。このたった9文字からここまでいろいろな感情が呼び起こされるようになったことが不思議でもあり、驚きでもあり、不謹慎ながらすこし嬉しくもありました。

田島貴男さんの一刻も早いご快復を心より願っています。

 

名古屋公演中止のツイートを見た時に近くにいた娘(ゆきまる・4歳)に「田島貴男さんが咳がたくさん出て声が出ないから、今日のコンサートは中止なんだって。」と話すと、ハッとした表情で「田島貴男さんのおうちどっち?!」と聞いてきました。

 

ぶた子「(南の方だから…)お父さんのお部屋の方だよ。」

ゆきまる「おとうさんのお部屋の窓から元気玉したらたじまんにとどく?

元気玉元気玉元気玉!」

 

窓の外に向かって両手を高く挙げながら、ひたすら元気玉をし続けるゆきまる。合間合間に「おかあさん!たじまんに届いた?元気になった?」と確認してきます。

その後も、

f:id:butakosan:20170623220540j:plain

このようにお願い事をし続け、最後には幼稚園で習ったお祈りまで始めていました。

 

ゆきまる「神さま、今日もありがとうございます。

たじまんの咳がとまって、またお歌がうたえますように。たじまんの病気がはやくよくなりますように。お守りください。」

 

彼女の思いつく限りのありとあらゆる方法でたじまんの快復を願う姿に心打たれてしまいました。私も、自分のできる方法でたじまんの快復を祈りたいと思います。…やっぱりイラストを描くこと&ブログを更新することかな…。

というわけで。

f:id:butakosan:20170623220551j:plain

 

 

オリジナル・ラブのライブ@札幌まで

あと 9 日!(いよいよ一桁に。)

 

ツイッターをはじめました。

twitter.com