どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

弾き語りライブに行った話・その参(完結)

先月末に最終公演が行われ、無事終了した田島貴男さんの弾き語りツアー。

すこし日にちがあいてしまいましたが、セットリストに触れつつ細かい感想を書いてみたいと思います。

(以前アップしていた感想はこちらです。↓)

butakosan.hatenablog.com

butakosan.hatenablog.com

今回の札幌公演で印象に残った曲はまず、1曲目の『ラヴァーマン』

前奏から田島貴男さんがめちゃくちゃ笑顔で楽しそうです。こちらもつられて笑顔になり、体を揺らしたくなる衝動に駆られます。でも着席だからあんまり動けない!座っていないといけないのが早くももどかしい!

ギターの音色は爽やかであたたかくて、ステージの上を音符が踊っていました。この曲、バンドツアーで聴いても弾き語りで聴いても本当に素晴らしいわ。名曲だわ。

 

『宝島』も意外性という意味で印象的でした。

この曲は弾き語りで演奏されるイメージがなかったのと、収録されている8thアルバム『L』を実はあまり聴き込んでいないのとで、最初は何の曲かわかりませんでした。しかし、この曲は歌詞が好きなのですが、そのやさしい歌詞が心にスッと入ってくるような素敵なアレンジで聞き入ってしまいました。
余談ですが、MVも好きです。シュールな世界観でツッコミどころ満載です。是非ご覧になってみてください。たじ舞も炸裂しています。

ORIGINAL LOVE 宝島 - YouTube

 

あとは『フィエスタ』。

風の歌を聴け』に収録されている元のバージョンからして文句の付け所がない名曲ですが、今回のアレンジは迫力でした。曲が始まってしばらくはギターをジャカジャカ弾かずに打楽器のように叩いて歌われたのです。ホールに響き渡る田島貴男さんの力強い歌声。両腕に鳥肌がブワーっと立ちました。

ファンの方が

「テンション高まったときの田島さんの身体能力凄いですよね。フィエスタのとき身体がひとまわり大きく見えましたよ。

という感想を述べていたのですが、まさしくそのとおりでした。あの演奏を生で体感できて良かった…。

 

そして最後に『プライマル』

あああーーーやっと聴けた!!

『プライマル』はオリジナル・ラブの存在を知るきっかけとなった思い出の曲です。

butakosan.hatenablog.com

そのため、いつかライブで生演奏を聴きたいと思っていましたが…ついに聴けたあーーー。

もう、ボロボロ泣きましたね。胸に迫ってくるアレンジでした。鼻水の音が出ないようにするのに必死で細かいことは憶えていませんがとにかく良かったです!!

 

早くも夏のバンドツアーが楽しみ!!

 

それまでにテレビで田島貴男さんを目にする機会があれば良いのですが…と思っていたら、先日、加山雄三さんの番組『歌っていいだろう』に出演されました。

加山さんといえば「♪ふたりを~~」という曲ですね。(知識がなさすぎてすみません。)

学生時代の仲間たちと山中湖でモーターボートに乗ったとき、みんなで「♪ふたりを~~!」と歌ったことが懐かしく思い出されます。みんな「ふたりを」以降の歌詞がわからないので「♪ふたりを~~ン-ンンンン~~~!」とすぐにハミングに逃げるのですが。加山雄三さんは日本のシンガーソングライターの草分け的存在なのですね。80歳にして現役バリバリ。そんな加山雄三さんと並ぶと、田島貴男さんがとても若く見えました。

f:id:butakosan:20180410223502j:plain

番組で披露された『接吻』、良かったなあ。

オリジナル・ラブのライブに行ってみようかなと思っている方へ・後編

田島貴男さんの弾き語りツアーが終わりました。

最終公演は3月31日の東京国際フォーラム田島貴男さんの弾き語り史上一番大きな会場で、とても素晴らしいライブだったと聞きました。

東京公演は私の住む札幌での公演と比べると当然収容人数が多い会場で開催されることになるのでステージとの距離が遠くなってしまいがちですが、東京公演ならではの独特な空気というものがあると思います。それは去年の夏のバンドツアーで札幌公演と東京公演の両方を観に行って感じました。今回の弾き語りツアーでも国際フォーラムがきっとそのような空気に包まれていたことと思います。

やっとセットリストに触れられるので具体的な曲名を挙げた感想をと思いましたが、今日は前回の記事オリジナル・ラブのライブに行ってみようかなと思っている方へ・前編」の続きを書きたいと思います。

前回の記事はこちら↓

butakosan.hatenablog.com

Q.服装はどうしたらいいの?
A.普通の服でOKです!

厳密に言うと、ホールならどのような服装でも大丈夫。ライブ中にスタンディング状態になっても(というか、バンドツアーの場合は客席の電気が暗くなった瞬間に立ち上がる方が多いです。)、自分のスペースがしっかり確保されていて揉みくちゃにされることがないからです。観客の服装は様々ですが、普通の服装の人が多いと思います。ツアーの物販で購入したTシャツを着ている人もいます。

一方スタンディングなら、他人に押されたり引っ張られたりしても大丈夫な服装をオススメします。それと、他の人の脚を踏んだらいけないのでハイヒールは履かないとか後ろの人の邪魔にならないように帽子をかぶらないとか気をつけた方が良いことはいろいろあるので、ライブハウスに初めて行く人向けの情報をまとめたホームページを見ておくと参考になるかと思います。

Q.初期が好き(あるいは有名どころしか聴いたことがない)でも楽しめるかな?
A.楽しめます!
初期の曲もセットリストに入ってくるので大丈夫です!ただ、もし可能であれば、最近のアルバムも聴いてから臨むとより一層楽しめると思います。
オリジナル・ラブはたくさんアルバムが出ているのでそれらを網羅するのは大変ですが、今から買って聴いてみようという場合、個人的には以下の2枚がオススメです。
15thアルバム『白熱』

→『フリーライド』がライブの定番になり、その他にもこのアルバムから1~数曲がセットリストに入ることが多いため。
17thアルバム『ラヴァーマン』

→『ラヴァーマン』がライブの定番になり、その他にもこのアルバムから1~数曲がセットリストに入ることが多いため。

Q.ファンクラブに入ると良い席で観られますか?
A.一般よりは良い席が取れると思います。
私の場合ですが、
去年の夏のバンドツアー→一般販売で前から12列目
去年の秋のひとりソウル→ファンクラブ先行で整理番号ひと桁
今年の春の弾き語り→ファンクラブ先行で前から3列目
でした。
今年の夏のバンドツアーはどのあたりの席がくるのか今から楽しみです。(一般で購入するとコンビニですぐに発券できますが、ファンクラブ先行予約で購入した場合は公演日の2~3週間前に郵送されてくるので、なかなか座席番号がわからないのです。)

 


以上、思いつくものを挙げてみました。これからオリジナル・ラブのライブに行ってみようと思う方の参考になればうれしいです。

もし行こうかどうしようか迷っている方がいらっしゃいましたら、是非一度遊びに行ってみてください!損はさせません!!田島貴男さんが本当に楽しそうに演奏する姿を観てこちらも元気になりますし、とても楽しいひとときを過ごせると思います!!

f:id:butakosan:20180402230337j:plain

楽しそうにギターを弾く田島貴男さん。(娘ゆきまる作。)

 

それでは、いつかどこかの会場でお会いできることを願って。

オリジナル・ラブのライブに行ってみようかなと思っている方へ・前編

ブログを始めて約10か月が経ちました。

最初の頃は気にしていたアクセス数を最近は全く調べなくなっていたのですが、ふと思い立って見てみると。開始した日から今日に至るまでの間に50000回もアクセスしてもらっていたことがわかりました。

50000?

50とか500程度なら私の頭でもなんとかイメージできるものの、50000となると多すぎてちょっとよくわからない領域です。ドラゴンボールに出てくるキャラクターの戦闘力で考えてみるとギニュー特戦隊のリクームよりちょっと多いくらいということでしたが、余計わからなくなりました。

とにかく、

これまでに記事をひとつでも読んでくださったすべての方にお礼申し上げます。どうもありがとうございます!

f:id:butakosan:20180326215625j:plain

↑ニコッ!!笑顔の田島貴男さん。(娘ゆきまる作)

 

さて、このブログとTwitterアカウントを開設して以来、

オリジナル・ラブ(あるいは田島さん)のライブに行ってみたいのですが、ライブはどんな感じですか?」

という趣旨の質問をいただくことが何度かありました。

そこで、春の弾き語りツアーが今週末に最終公演を迎える&夏のバンドツアーのチケットが売り出されているこのタイミングである記事を書いてみようと思います。

題して

オリジナル・ラブのライブに行ってみようかなと思っている方へ』。※オリジナル・ラブのライブ=田島貴男さん名義でのライブも含みます。

わかりやすくするためにQ&A方式でいきます!

 

Q.ライブにひとりで行っても大丈夫かな?

A.ひとりでも大丈夫です!

ひとりで観に来ている人はたくさんいます。

仮に友人知人と行ったとしても、ライブが始まってしまうととても隣の人と手を取り合って楽しむような雰囲気ではなく、会場全体が一体化するような感じなので、ひとりで観に来ているのか誰かと一緒に来ているのかは実際問題どうでもよくなるでしょう。

ライブの開演前や終演後ならば、ファン仲間同士で挨拶したり会話したりといったことはあります。

 

Q.ファン仲間とはどうやって知り合うの?

A.Twitterを始めるとファン仲間を見つけやすいと思います。

昔はネットの掲示板がファン同士の交流の場だったのでしょうか?

私個人の話をしますと、Twitterを始めて以降ファン仲間がたくさんできました。ライブ会場で何度か顔を合わせたり住んでいるところが近かったりするファン仲間とは、ライブの終演後に連れ立って飲みに行き感想を熱く語り合ったりもします。

 

Q.お客さんはどういう人が多いの?

A.年齢層は40代~がメイン。男女比は正確にはわからないけれど女性の方が多い。

着席の弾き語りツアーには、おそらく70歳前後くらいの女性もいらっしゃいました。私が見た中で一番若いと感じたのは20代半ばと思しき男性ふたり組。夏のバンドツアーのときに前の列にいたお客さんなのですが、ノッてきたときにSuchmosのYONCEみたいな動きをしていて、「お主ら…さてはかなり若いな……?」と内心思っていました。

男女比は正確にはわかりませんが、女性の方が多い印象です。特に札幌会場は女性の方が圧倒的に多かったですね。でも東京はもうすこし男性が多めでした。会場ごとに比率が微妙に異なりそうです。

 

 

長くなったので後編につづく。

弾き語りライブに行った話・その弐

昨日からの続きです。

butakosan.hatenablog.com

あくまで個人的な感想ですが、今回の弾き語りライブはバンドツアー・ひとりソウルと比べて、

「セットリストを知らないで聴いた方が楽しめる度合い」

が高いと思います。

ツアーが終わるまで具体的な曲名は出せませんが、

「えーーこの曲やるの!?」

とか、

「うわあ、この曲をこうアレンジしてきたか!!」

と新鮮な驚きとともに楽しめたライブでした。

そんな中で特に印象に残った場面について書きたいと思います。

 

まずひとつめ。

田島さんがソウルパワーを出しまくり、ビシっとセットされた髪型が乱れたとき。

まだ数曲目なのに、

ボサボサになりました。

 

ふたつめ。

演奏を終え、椅子から立ち上がって両手を大きくブンブン振りながら去っていこうとした田島さんがアンプか何かにつまずき、ステージ上に置かれた物を倒したとき。 

全然動じていませんでした。

おじさんがステージ袖から出てきて倒れた物を直していましたが、直り具合が微妙でした。

 

みっつめ。

同じライブを見た男性から感想を聞いたところ、 

 

「貴男が興奮して

『客電つけて!客が見えねーだろ!』

って言った時がハイライトでした。」

 

と言っていて笑ってしまいました。

私もこれが一番印象に残りましたね。

曲が終わった後で田島さんが客電つけてと言うのですが、なかなかつかなかったのです。

もう一度客電つけて!!と言う田島さん。

なぜか私が焦りました。

ちょっとスタッフ何してるの?早くつけて!?たじまんが機嫌悪くなっちゃうよ!!

何なら私が走って行ってスイッチを「ポチッとな」しようかとさえ思った瞬間、やっと客席が明るくなりました。

あーーよかった。

 

最後、よっつめ。

田島さんがとある曲を演奏している最中、ギターとアンプをつなぐコードが抜けてしまったのです。もちろん田島さんは再度繋ごうとしますが、諦めました。そしてアンプとつながっていない状態のギターを抱えてステージのギリギリのところまで出てきて歌い続けてくれました。マイクも近くにはありません。完全に生歌&生ギターです。驚いたのは、

歌声>ギターの音

だったことです。

私は3列目の中央にいたのですが、ギターの音はかすかに聴こえるかなというレベルでした。もっと後ろの方から見たら完全にエアギターに見えたと思います。

でも歌声はきちんと聴こえたのです。

すごい。

そしてステージを練り歩く田島さん。

会場の興奮は最高潮に達し、田島さんは両手を大きくブンブンと振り、右手を大きく振り、ステージ左手に去っていきました。

 

「ありがとーう!!!

 

ソウルパワー!!!

 

 

やっぱりソウルパワーかい!!!

 

f:id:butakosan:20180320235905j:plain

ソウルパワーを出しすぎて髪がボサボサになった田島さん。私はこれくらい乱れた方が好きかなー

 

 

続きはこちら。

butakosan.hatenablog.com

弾き語りライブに行った話・その壱

一昨日は田島貴男さんの弾き語りツアー札幌公演でした!!

(特にセットリストに関しては具体的な曲名を出さずネタバレしないように書いていますが、気になる方はライブを実際にご覧になるまではお読みにならない方が良いかと思います。)

butakosan.hatenablog.com

去年夏のバンドツアー、秋のひとりソウルは経験しましたが、弾き語りは初です。

夏と秋に無理やり一緒に行った夫には家で子守りを任せ、今回は私ひとりで行きました。ひとりソウルショウはひとりひとりのソウルショ…あっこれ違うライブだった。

着いたのは開場したすこし後。もっとギリギリになること前提でたじまん仲間さんにグッズを買ってもらっていたのでそれを受け取ります。それから他のたじまん仲間さんと挨拶したり、隣の席の人(全く知らない方)と雑談したりしている間に開演時間になりました。

……出てこない。

隣の人「時間通りに始まることが多いのに珍しいわね。」

この方は推定年齢50代で、数年前にテレビで田島貴男さんを初めて観てその存在を知って虜になって以来、できる範囲で遠征をしているとのことでした。しばらくその方と会話を続けます。いろいろな会場で必ず見かけるファンのことや、Twitterを始めてからファン仲間ができてうれしいということを話して盛り上がりました。

それから10分すこし経った頃。

誰か出てきた!!!

と思ったら

お じ さ ん!!!!

(おじさんについてはこちらの記事をご覧ください。)

butakosan.hatenablog.com

おじさんは今回もやはりステージの上でギターを置き直したりコードの位置を微調整したりしていました。おじさん頼むよ。

やがて場内に流れていた音楽が小さくなり、それに合わせて照明が暗くなると…、

で、出てきたあーーーーー!!!

田島貴男さん登場!!!

ステージの左手から笑顔で現れました。

田島さん、ちょっと痩せたかな?

今回は白いシャツに黒いスーツです。

ステージ中央に置かれた椅子に座り、1曲目が始まりました。

1曲目はあの曲です。

田島さん、楽しそうに演奏しています。相変わらずものすごい笑顔。その様子を見るとこちらも自然と笑顔になってしまいました。

夏のバンドツアーのときも秋のひとりソウルのときもそうだったのですが、田島さんがステージに出てくるといつも思うことがあります。

 

田島貴男は実在する人物なんだね。

 

 

長くなったので次回に続く。

butakosan.hatenablog.com

完結編はこちら。

butakosan.hatenablog.com

 

明後日は弾き語りライブ!

田島貴男さんの春の弾き語りツアーが2月24日から始まりました。すでに高知・広島・浜松・名古屋・熊本・福岡での公演は終わり、いよいよ明後日3月17日(土)は札幌公演です。待ちに待った札幌公演だよ~~~!!10月にひとりソウルが終わってから弾き語りまで5か月、長かったよ~~~!!

あと2週間でオリジナル・ラブのファンになって1年が経つのですが、実は弾き語りは初です。去年ファンになったタイミングがちょうど弾き語りライブが終わってすこしした頃だったのです。

会場は札幌サンプラザコンサートホール。

f:id:butakosan:20180315213556p:plain

http://www.s-sunplaza.or.jp/hall/use.htm より画像お借りしました。)

今回は前から3列目です。近っっ!!

Twitterのたじまん仲間さんたちとも会場でご挨拶をという話になり、座席位置を聞いたのですが、皆さん最前列~3列目くらいにいらっしゃいました。

そういえば秋のひとりソウルのときにも私のすぐ後ろ、さらにその方の後ろがたじまん仲間さんで、初のライブハウス&最前列でどうしたらよいのかわからずにアワワアワワしている私を後ろから見守ってくれるような位置取りになっていて面白かったのを思い出しました。たじまん仲間さんたち、とても心強い味方です。

 

さて、冒頭で弾き語りは初と書きましたが、田島貴男さんの弾き語りが初めてというのではなくそもそもギターの弾き語り自体が初めてで、どんな感じなのかなとあれこれ想像を膨らませています。私のイメージする弾き語りはギターを激しくジャカジャカかき鳴らすというよりはしっとり聴かせるという感じなのですが、たじまん仲間さんからは

「着席ライブはお尻がムズムズしますよ。

しっとり弾き語りのはずが、最後は田島さんソウルパワー出しまくるので。

という情報が。

ソウルパワー出しまくる弾き語りってどんな!?

f:id:butakosan:20180315213814j:plain

↑こんなの!?

※これはひとりソウルの『夜をぶっとばせ』で田島さんがソウルパワーを出しまくったときの様子です。

たしかにソウルパワー出しまくられたら踊りたくなるなあ…。

 

演奏される曲も予想がつかないのですが、個人的に今回聴きたい曲を挙げてみます。

『夜をぶっとばせ』

『フェアウェル フェアウェル』

『WALL FLOWER』

『接吻』

『フィエスタ』

『流星都市』

『プライマル』

『アイリス』

『ショウマン』

ムーンストーン

『Tender Love』

『沈黙の薔薇』

『髑髏』

『好運なツアー』

『ラヴァーマン』

『ハッピーバースデーソング』←新曲!!New!!

 

わー各アルバムからだいたい1曲選んじゃった☆

そしてどうでも良いことなのですが、弾き語りライブの日は私の誕生日ととても近い日付なので、上のリストから1曲でも演奏されたら、田島貴男さんから私にプレゼントが贈られたと認定しようと思います。

 

 

プレゼント認定しちゃうハードル低!

 

実際にライブに行った感想はこちらです。

butakosan.hatenablog.combutakosan.hatenablog.com

何故か毎日疲れているという話

ブログを始めて9か月が経ちました。

最初の頃は毎日更新することを目標にしており、すこしの間はそれができていたのですが、徐々にできなくなってしまいました。毎晩、子どもを寝かしつける19時過ぎには私自身も電池切れ状態になっているのです。

何故だ?

子どもたちもだいぶ手がかからなくなったのに?

こんなに疲れているのには何か理由があるはずだ。何なのだ?

あの男が原因だ。

もうすぐ2歳半になる息子・にくまるです。

なるほど、確かにすこしずつ自分でできることが増えました。

こぼしたり汚したりはするもののご飯もひとりで食べられるし、ミニカーさえ与えておけばおしゃべりしながら機嫌よくひとりで遊んでいてくれるし。

しかし、この男イヤイヤ期真っ只中です。

①(家の中にて)私「オムツ替えするよ~」と声掛け→にくまる「オムツがえしないよ~ん」と言いながら笑顔で脱走→私、追いかける→にくまる捕獲される

②(外を歩いている時)私「そっちの道じゃなくてこっちだよ」と手を引く→にくまる「そっち、ない」と言って怒りの抗議行動を展開

f:id:butakosan:20180301233625j:plain

→金切り声を上げたりするわけではなく無言で横たわっているので、面白くてしばらく眺めていると両手を挙げて「だっこして」と要求してくる→にくまる捕獲&運搬される

③(お姉ちゃんの幼稚園のお迎え時)にくまる、園庭を走り回っていろいろ触ろうとする→私、追いかけて阻止する→にくまる、別の危険なものに触ろうとする→私、追いかけて阻止する→にくまる「やめない」と主張→にくまる捕獲&回収される

 

ちょっと考えてみただけでもこんなことばかりです。追いかける回数・捕獲する回数が前よりも増えているのです。体重は順調に右肩上がりなのに。暴れる時には両手でしっかりホールドして運ばなくてはいけないのです。そりゃ母の腕も太くなるわな。

しかも冬の間は、楽に移動できるかなと思って幼稚園の送り迎えにソリを利用していたのですが、ある時重すぎて帰り道の途中でソリを引けなくなりました。そこで初めて落ち着いて考えてみると、

娘ゆきまる19kg+息子にくまる15kg=34kg

修業か?

タイヤを腰につけて引きずりながらグラウンドを走っているスポーツマンの姿が脳裏に浮かびました。人生で一度も体育会系だったことないんだけど?

 

子どもが大きくなってきたら楽になる、確かにそういう面もあるのですが、ちょろちょろ動き回る子どもを持つとしばらくは体力勝負なのですね。上の娘が全くちょろちょろしない子なので知りませんでした。結局、自分の経験していないことはなかなか想像できないのでした…。想像力の限界。

 

でも、更新頻度が下がってもブログは細く長く続けるぞー!

 

今月は田島貴男さんの弾き語りツアー・5月は岡村ちゃんとの初DATE・6月にはオリジナル・ラブのバンドツアーがあるので、体力もつけていかないと。