どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

オリジナル・ラブbless You!ツアー札幌公演に行った話・その1

久しぶりの更新です。

気づいたのですが、今年度から仕事を始めたりPTA役員になってしまったりでなんだかバタバタ過ごしていて、総合的に見てまったく堕落できていない…!!
でも今改めてタイトルを見たら「どこまでも果てなく、堕落の道を歩む」じゃなくて「歩みたい」になっていました。こうしたいという願望をハッキリさせておくのは有意義なことですね。というわけで「たまには堕落したいなぁ…」という希望を引き続きオープンにしつつ、更新頻度は少なくなっても細々と続けていきたいと思います…。

 

ここ数日、ブログを続けるか否か迷っていました。

先日の中野公演に行った後で学生の頃の友達と飲んだのですが、誰のライブに行ったのかという話になり、

オリジナル・ラブだよ」

「オ リ ジ ナ ル ・ ラ ブ !!」

「でもね、曲いいしライブは最高だけど…なんかネットでファンが私の悪口書いててさ」

「マジー?!悪口って、お前そんな目立つ活動してんの?


「!」

 

し、しまったああーーー!!

私はアホか?!

(こんなブログを書いていることはリアルの友人知人には基本的には内緒です)

いやしてないけど…(急に口ごもる)(アンド別に目立つ活動をしているつもりもない)

「へえー。ま、気にすんな!

それよりファンブログとかやったら?文章書くの好きだったでしょ

 

「!!」

 

このメンバーいちいち鋭いなあ。

ふ…ふざけやがって どいつもこいつも…!!

アタマにくるぜ…!!

f:id:butakosan:20190725215434p:plain

誇り高きサイヤ人の王子ベジー〇が、どいつもこいつも「宇宙一の超サイヤ人をあっさり出し抜きやが」ることに対してアタマにきている名シーン

悪口は表現の自由の範囲内であれば全然いいんだけど、このあたりの友達にバレるのは正直勘弁してほしい…

とか言いつつ、もしバレても騒ぐのは最初だけで、「で、どの記事が良かった!?」ってしつこく聞いたりしそうな気もする。ってことでブログは消しません!!私の生きた証だし!

 

 

ようやく本題。

今夏のオリジナル・ラブのバンドツアー(“bless You!”ツアー)では、札幌公演と中野サンプラザ公演に行きました。

中野サンプラザ公演については別の方が素晴らしいライブレポをアップされていると思うので、ここでは札幌公演の様子を書いていきたいと思います。

 

札幌公演は去る7月6日、Zepp Sapporoにて行われました。去年までの道新ホールとは異なりオールスタンディングのライブも行われる会場です。そういえば岡村ちゃんとの初DATEもここだったわ♡

f:id:butakosan:20190725225248j:plain

Zepp Sapporoのここのところに写真と名前があるとやっぱりうれしいものです。

今年も前から三列目と良い席です。去年と違う点は、センター寄りではなくギターの木暮さんの真ん前ということ。(個人的にひそかに珈琲サイドと言っているとか言っていないとか)

開場から開演までの30分はあっという間に過ぎました。照明が落ちて暗くなる場内。より一層ドキドキしてきました。

何かを巻くような音が聴こえます。それがループしています。聴き覚えがあるこれは…

ニューアルバム『bless You!』の『逆行』のイントロ?

ということは一曲目はこれ?

ループが続く中、ステージ脇からメンバーがぞろぞろ歩いて出てきます。田島さんも最後に登場し、観客の歓声が一段と大きくなりました。

そしてギターの音が聴こえるのですが…あれ、『逆行』ではない?なんていうかジャズっぽい気がするけど何の曲?とちょっと混乱していたところで

 

♪ハイウェイの上が苛立つからー

 

『ミリオン・シークレッツ・オブ・ジャズ』かー!!!そうきたかーー!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Wsw1ndoXlkc

 

1曲目が終わった時点でかなり盛り上がっていました。

次は陽気なイントロ。

あーこの曲知ってる!知ってるよ!でも曲名が出てこない!!なんだっけなんだっけ、あーもうファン失格だな。

と無駄に落ち込んでいると途中で気が付きました。最近聴いていなかったアルバム『ELEVEN GRAFFITI』から『ペテン師のうた』じゃないの。それにしてもこの選曲はとても意外。

 

田「どもありがっとう!!元気ですか札幌!!」

 

男「田島貴男ーーっ!!」

 

「田島あーっ!!」とか「貴男ーっ!!」ではなくて田島貴男ーっ!!」

フルネーム叫ぶのは新しいな?!

 

次回へ続きます。