どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

岡村ちゃんと初DATEした話・考察編その弐

前回からの続きです。

butakosan.hatenablog.com

以下、ネタバレ的要素があります。

嫌な方はここで閉じてください。

 

 

 

いいですか?

 

 

 

もうすぐ終わるから勘弁してつかあさい…。

 

 

 

オゲッ!!

 

 

 

岡村ちゃんと初❤DATE~考察編その弐

 

f:id:butakosan:20180525225043j:plain

昨日からオリジナル・ラブやジャニーズ、韓流アイドルと岡村ちゃんを比較してみるという謎企画を始めましたが、今日はその続きを書きたいと思います。

 

4.煽りが…

オリジナル・ラブのライブでも田島貴男さんが観客を煽るシーンはあります。

その際は大抵

「札幌のみなさーん!!」

とか、

「男性のみなさーん!!歌ってくださーい!!」(男性の観客がシャイで声が小さいとき)

といったような台詞です。基本的に敬語だったと思います。

 

一方岡村ちゃん

「札幌ベイベ?札幌ベイベ!」。

ベイベってなんじゃそらと思いますか?

私もそう思っていた時期がありました!

もう慣れてしまったのでなんとも思わないのですが、冷静に考えると完全になんじゃそら案件ですね。ベイベと呼ばれているのが私を含めほとんどが中高年男女というのもシュールでスッバラシイと思います。ベイベには年齢も性別も関係ないんだよ?

観客に一緒に歌うよう求めるときも、

「歌ってみて?」

「一緒に歌って?」

「百点満点!やるね!」

「ひゃ、く、てん!」

やさしいんだよなあ。

 

5.ファンサービスが…

オリジナル・ラブのライブでは田島貴男さんのテンションが高まると投げキッスします。

The Rover (LIVE) ORIGINAL LOVE - YouTube

(8:27~。手裏剣みたいにして飛ばしていますね。謎すぎて好きです。)

ジャニーズや韓流アイドルももちろん華麗に投げキッスしていました。

岡村ちゃんもすごい投げキッスをしてくれます。何がすごいって、

ステージを客席から見て4つに分け、向かって一番右で立ち止まってぶちゅー、中央に移動して右から二番めでぶちゅー、また移動して左から二番めでぶちゅー、最後に一番左でぶちゅーといった具合に、上手側下手側で不公平が生じないように均等にサービスしているのではと思わされます。さらに、ステージから去る前に振り返ってダメ押しのぶちゅーをしてくれました。アイドルか。

方法も独特で、最初は唇に両手の人差し指を当てて客席に向かって投げるような仕草をしていたのですが、

最後には舌を思いっきりベーって出して、それを両手でねっとり触って投げつけてきたよ。

ベイベ「キャー!!!」

私「ぎゃはははは!!!

いや、きったなっ!!!

 

投げキッスの他にエアキッス(「ぶちゅー顔」)もしていましたが、そのときの顔がまたすごいんだ。

f:id:butakosan:20180526002441j:plain

潔いですね。

(ベイベの皆さんすみません。)

ジャニーズや韓流アイドルはこんな顔しませんでした。かっこよく見えるところでやめておくというか。でも岡村ちゃんにはそういうリミッターがないのですね。全身全霊で、全力でぶちゅー顔です。ちなみに私は岡村ちゃんが好きですが、この顔で迫ってこられたらすいません、キッスは拒みます。

 

全力といえば、泣き真似も全力でした。

とある曲で「ナミダ、ナミダ」という歌詞を歌う時に右手、左手で交互に涙を拭う動作をするのですが、

ビバナミ - YouTube

(2:48~)この動きからして昭和の女性アイドル的で52歳男性がしちゃうと強烈なインパクトがあるのに、

DATEで見た時、めっちゃ鼻の下伸びてましたからね。

かわいい泣き顔とかではなく全力で悲しそうな顔をしているものだから、母性がほとばしって抱きしめたくなりました。

 

 

今回で終わる予定だったのに終わらなかった。次回、DATEレポ最終回です。