どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

岡村ちゃんと初DATEした話・その参

前々回・前回からの続きです。

butakosan.hatenablog.com

butakosan.hatenablog.com

以下、ネタバレ的要素があるかもしれません。また、岡村ちゃんのライブレポですから下ネタもあります。

嫌な方はここで閉じてください。

 

 

 

いいですか?

 

 

 

読んでからネタバレガーとかシモネタガーとか言われてもワシャ苦情は受け付けんぞ?

 

 

 

 

オゲッ!!

 

 

 

岡村ちゃんと初❤DATE~その参

f:id:butakosan:20180523215641j:plain

 

 岡村ちゃんのかわいい・面白いエピソードばかり書いてしまった前回の記事。今回はカッコいいと思った瞬間・色気を感じた瞬間について語りたいと思います。岡村ちゃん=ハンドマイクを両足の付け根に持ってきて恍惚の表情でこねくり回す芸が得意な人、みたいな認識を持たれたら困る!!

 

で、カッコいいと思った・色気を感じたのはどういう瞬間なのかというと。

 

ある曲のときに、岡村ちゃん手をくねくね動かしていたのです。手というのは、手首より先の部位です。そこをくねくねと。あーーー文字で表現すると難しいなあ…ちょっとやってみるね…こう……こう……くっダメだ、

実演することすらできません。

例えて言うなら、「手首から先の部分で波を表現しているような動き」

どういうわけかこれを見てドキッとしましたね。お主…なかなかの手練よのう…と。

これは是非本人の動きを見ていただきたいのです。びっくりするほどスムーズだから。

 

あとは、ネクタイを緩めてはだけた胸元を見せつけるという演出があったんです。序盤から既にかなりの汗をかいている岡村ちゃん胸元は当然汗でぬらぬらと光っています。ベイベからは「キャー!!!」もしくは「ギャワー!!!」という黄色い歓声・悲鳴が。

ちなみに私は、その時も笑ってしまいました。岡村ちゃんごめんなさい。

でも。

でもね。

そうやってセクシーなパフォーマンスをするために緩めたネクタイ、それをすばやく締め直す動きにエロスを感じました。

ええ…エロスを感じましたね。(大事なことなので二回言う。)

そのときだけは全く笑いませんでした。

真顔でガン見。

f:id:butakosan:20180523215903g:plain

二十歳くらいの頃は、ネクタイを外す動きが好きだったんです。

けれど三十過ぎた今はネクタイを締める動きの方が好きですね。こっちの方があれこれ妄想する余地がある気がするからでしょうか。

ねえ、なんでネクタイしてなかったの?

ネクタイ緩めてどんなことしてたの?

とか。

ネクタイを緩める岡村ちゃんは、表情も動きもベイベ・メンベイに見られることを意識している完璧な「岡村ちゃん。でもネクタイを締め直す岡村ちゃんは特に見られるために用意された表情をしていなくて(次の動きに移るための僅かな時間のことなので当然なのですが)、ほんの一瞬だけ素の岡村ちゃんが垣間見えたような気がしたんです。そのときに一番色気を感じました。

 

という風に岡村ちゃんをカッコいいと感じた瞬間・色気を感じた瞬間についてできるだけエキサイトしないように細心の注意を払いつつ無駄に長々と語ってしまいましたが、実は、岡村ちゃんのスゴいところは次に述べるエピソードにこそあるのではと思っているのです。

昨日の記事でご紹介した、マイクスタンドをいやらしく触る場面でのこと。

 

岡村ちゃん「(マイクスタンドを女体に見立てて)触っていい?触っていい?(手を滑らせながら)もっと下の方?

 

(いやらしく手を動かしながら)触ってるよ?

周りのベイベ「キャー!!!」

私「ダーッハッハッハ!!!

(「触ってるよ?」ってなんだよ!?見りゃわかるよ!!)

そう思いました。ここまでは昨日書いたとおりです。

おそらくベイベたちは「キャーやらしーーーっ!!」とか「靖幸抱いてーーーっ!!」と思うんですよね?

私はというと、突如として、

 

あーもういいからさっさと触らせろ!!!

と思いました。

雄々しい。

猛々しい。

どうも岡村ちゃんを見ていると、心に住んでる猛々しい男が育つんだ。

 

あのシンガーソングライターダンサー、最前近くにいたベイベが主婦の皮をかぶった猛々しい男だと知ったらどんな顔するだろう。

 

ベイベたちを女にしてしまったかと思えば猛々しい男にもしてしまう魔性の男・岡村ちゃんだいすっき♪

 

 

初DATEを総括したまとめは次回。