どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

岡村ちゃんと初DATEした話・その弐

前回からの続きです。

butakosan.hatenablog.com

以下、ネタバレ的要素があるかもしれません。また、岡村ちゃんのライブレポですから下ネタもあります。特に今回は下ネタが多いと思います。ダメな人はダメだと思います。

嫌な方はここで閉じてください。

 

 

 

いいですか?

 

 

 

読んで嫌な気持ちになってもオラ知らねえよ?

 

 

 

 

オゲッ!!

 

 

 

岡村ちゃんと初❤DATE~その弐

f:id:butakosan:20180522215105j:plain

 

岡村ちゃんがある曲で繰り出したポーズ。それは、 

f:id:butakosan:20180522221012j:plain

何してんの!?

どうしたの!!??

 

岡村ちゃんこと岡村靖幸、52歳。

私の父に孫ができておじいちゃんになった年齢、56歳。

 

そういう年齢でこのポーズをしちゃうの?しちゃうの?ねえしちゃうの?しちゃうの?

 

 

かわいかったですね。

 

 

悔しいです。

 

 

このポーズを見て何かのスイッチが入ってしまったのか、私の中の母性が一気に最大出力で噴出され始めました。

 

岡村ちゃん側転を繰り出す。

ちょうど真横から見えましたが、これがすんごいんだまた。

周りのベイベ「キャー!!!」

私「キャー!!」(身体が伸び切っていないところがたまらねえーーー!

 

岡村ちゃんが観客に向かってキス顔を見せつけてくる。

否、キス顔ではなく「ぶちゅー顔」です。ぶちゅー顔のお手本のような顔です。

周りのベイベ「キャー!!!」

私「ぎゃはははは!!!」(どう贔屓目に見てもかわいくないところがかわいいーーー!)←もはや意味不明

 

ほかにも、

ステージの端っこで歌っている時に、戻ってくるタイミングが遅れて歌い出しに間に合わなくなったりとか、

何かを飲んでマイクの位置に戻って、何故かまたくるっと後ろに戻っていってごにょごにょ何かしてからもう一度マイクのところに戻ってきたりとか、

突然低い位置でドリブルしたと思うと客席に向かってシュートしてきたりとか(もちろんエアバスケットボール)。

 

いちいちかわいいですね。

 

肝心の「ベイベもメンベイ(=メンズのベイベ、男性ファンのこと)も妊娠するというエロパフォーマンスはこんなかんじでした。

 

岡村ちゃん「(マイクスタンドを女体に見立てて)触っていい?触っていい?(手を滑らせながら)もっと下の方?

 

(いやらしく手を動かしながら)触ってるよ?

周りのベイベ「キャー!!!」

私「ダーッハッハッハ!!!

「触ってるよ?」ってなんだよ!?見りゃわかるよ!!

 

岡村ちゃんはマイクスタンドにまたがり、いやらしい手付きで触り続けています。私の脳裏には先日実家で見た『魔女の宅急便』のキキの姿が浮かんでいます。岡村ちゃんがほうきにまたがる見習い魔法使いにしか見えません。

 

その後もハンドマイクを両足の付け根付近に持っていくというパフォーマンスをする岡村ちゃん。あのそれはあのー、あれかい?マイクを岡村ちゃん岡村ちゃんに見立てているのかい?

岡村ちゃんは、岡村ちゃん岡村ちゃんを手でいやらしく撫で回します。こねくり回します。そして次の瞬間、撫で回している手をパーの形にして広げました。なんということでしょう。君主様がお果てになられ候………。

 

もうゲッラゲラ笑ってしまいましたね。

 

どうして笑ってしまったのか考えてみたのですが、今現在2歳男児の育児をしておりまして。早い話が人生で一番母性が充実している時期であり、同時に「シンボル慣れ」している時期であることが原因かもしれません。

上のマイクのパフォーマンスも、うちのにくまる(息子2歳)が

「おかあさーん、ちんち◯だよーん!」

と言って見せてくるのと同じように見えてしまい。

岡村ちゃん「見て見てー、ちん◯ん触っちゃうよ~ん!」

私「こーら、やーすーゆーき。みんな見てるからやめなさい!」(お説教 with LOVE)

みたいな気持ちになってしまったんですね。

母性よ頼む…今度のDATEのときにはちょっと自宅でお留守番していてくれないか…?

 

って、岡村ちゃんのかわいい・面白いエピソードばかり書いてしまいましたが、もちろんカッコいい瞬間もたくさんありました。

 

 

カッコいい瞬間、私が色気を感じた瞬間については、次回へ続く。

butakosan.hatenablog.com