どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

体操教室へ行った話

ふと気づけば、このブログを始めてもうすぐ3か月が経とうとしています。

1つの記事につき1枚はイラストを描いているので、少なくとも90枚のイラストを描いてきたということになります。短期間にこんなに絵を描いたのは初めてです。

googleで「オリジナル・ラブ 堕落」と、オリジナル・ラブを好きな人ならばおよそ選ばないであろうひどい言葉で画像検索すると私の描いたイラストがだーっと出てきます。もうちょっとした個展状態でさすがに吹き出してしまいました。

ちなみに、私の画像の間にたまに田島貴男さんのTwitterのアイコン画像だとかCDジャケットだとかがちょこちょこ表示されるような状態なのですが、なぜか唐突に笑顔の槇原敬之さんの画像がぽつーんと1枚表示される理由が気になっています。

 

今日はゆきまる(娘・4歳)の体操教室初日でした。

幼稚園で器械体操をする日があるらしいのですが、先生がちょっと怖いのか「明日体操教室ある?あるなら休みたいなあ」と頻繁に言うようになってしまったので、夏休みの間に別の先生に教わってできれば体操の楽しさを知って2学期に臨んでほしいと思い申し込みをした次第です。

コースはもちろん一番初心者向けのものをチョイス。

体育館に行ってみると…

f:id:butakosan:20170727001738j:plain

めちゃくちゃグルングルン回っていました。

私唖然、ゆきまる愕然。

そこへ、とても背が高くて若い男の先生が現れました。

 

私の進路選択の傾向は、運動神経が今ひとつであることから勉強に力を入れる系だったので、己の肉体を使ってご飯を食べている友人というのがひとりもいません。

(実はひとり、勉強に力を入れる系の学校を卒業しておきながら肉体派の消防士さんになって全国大会で表彰された友人がいるのですが、スポーツ系ではないので除外しておきます。)

そのため、スポーツクラブで先生をしている男性を見ると無条件ですごいなという憧れの眼差しで見てしまいます。Tシャツとジャージというシンプルな服装だけれど、雰囲気が爽やかだし無駄のない引き締まった肉体をしているし、最高ですね。(変態ではない)

 

話は戻りまして、ゆきまるの前に現れた背の高い若い先生。

ゆきまるが怯えきって涙目になっているのを見て「だーいじょうぶだって!!」と爽やかに笑い、手をつないでくれたり、高い高いをしてくれたり、頭をポンポンとしてくれたのです。

 

ぐおおー!!

ねえゆきまる。

おかあさんと交代しないかね?(変態ではない)

 

その他の先生も優しい方ばかりで、授業が始まるときには珍しく泣きながら「怖い!怖い!おかあさん!ゆきまるできない!!」と訴えて私のそばを離れようとしなかったゆきまるでしたが、終わってみると「あー体操教室楽しかった!また明日も行くんだよね?」とすっかり笑顔になっていました。

子どものこのすぐに気持ちを切り替えられる能力、「あれだけ泣きわめいた手前、体操教室楽しかったとか言いにくいな…」などと思わない変わり身の早さ、本当に素晴らしいものだと思います。こういうものは大人になる途中でどこかで捨ててきてしまったので、自分もゆきまるを見習いたいと思いました。

 

体操教室は残り4日間。最終日まで笑顔で通ってほしいと思います。