どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

好きなことと仕事との関係

昨日は千葉県市原市で『ピーナッツキャンプ』というイベントが行われたようです。

そこで、田島貴男さんと小西康陽さんが『夜をぶっとばせ』で一瞬同じステージで共演されたと聞きました。(ファンではない方からしたらなんのこっちゃという話ですね。)

ピチカート・ファイヴといえば小西康陽さんと野宮真貴さんの2人組というイメージを持っている方も多いかと思うのですが、野宮真貴さんの前にボーカルを務めていたのが田島貴男さんなのです。オリジナル・ラブ(当時はラヴ)とピチカート・ファイヴをかけもちしていた時期があるのですね。(後に、オリジナル・ラヴの活動に専念するためピチカート・ファイヴは脱退。)

そして『夜をぶっとばせ』というのは、元々メジャーデビュー前のオリジナル・ラヴがライブで演奏していた曲で、その後ピチカート・ファイヴ時代に小西康陽さんが改めて作詞され、さらに数年後今度はオリジナル・ラヴとしてレコーディングされて1stアルバムに収められたものです。今でもライブで頻繁に演奏される、超名曲です!大好きです!!

夜をぶっとばせ - YouTube

この疾走感がたまりません。この曲を聴きながらジョギングするとどこまでも走っていけそうな気分になります。

ちなみに、ピチカート・ファイヴ時代の『夜をぶっとばせ』は、オリジナル・ラヴバージョンよりも田島貴男さんの声が細い印象です。抑えたボーカルというか。こちらも魅力的です。

それと比較するとオリジナル・ラヴバージョンは、声に男らしさだとか色気が出てきたように感じます。あーやっぱり1st『LOVE!LOVE!&LOVE!』いいなあ…。

 

うっかり語りすぎました。

昨日の『ピーナッツキャンプ』で小西康陽さんがDJをされていたステージで、『夜をぶっとばせ』を選曲されたそうなのです。そして「田島くん来ないかなあ!」と言って観客みんなで大合唱していたところで、最近カメラにハマりまくっている田島貴男さんがもちろんカメラを持って登場。右手にカメラ、左手にマイクを持って一緒に歌われたそうです。(このあたりは全部Twitter情報です。)

その様子がこちらです。

f:id:butakosan:20170724233510j:plain

これを一生懸命描いていたら夜中になっていて、ブログの更新ができませんでした。

 

でも、好きなことに没頭できる時間は幸せです。自分の場合はあくまでも「趣味」として、ですが。

似顔絵や人物のイラストを描くことは大好きですが、これが対価としてお金をいただく「仕事」になってしまうと楽しめなくなってしまうタイプなのです。納期がどうだとか、絶対に似せて描かなくてはいけないだとか、そういう要素が発生した途端にストレス解消できる手段だったイラストがストレス源になってしまうんですね。

たまに親しい人に頼まれて描く分にはもちろん楽しく取り組めるのですが、毎日継続して一定水準以上の結果を出さなければいけない仕事にするのは難しいと思うので(自分の技術的にも、テンション的にも)、個人的にはやっぱり趣味でよかったなあと思っています。

 

先日本棚を片付けていたら、中学2年か3年のときの作品が出てきました。

f:id:butakosan:20170724233521j:plain

北海道新聞の子供向け紙面にイラストを投稿するコーナーがあり、そこに応募してみたら掲載されたものです。これも何時間かけて描いたのか…忘れてしまいましたが、とても楽しい時間だったことは覚えています。

 

かなり長い時間、机に向かって黙々と絵を描く娘(ゆきまる・4歳)を見て、この子にとっても絵を描くことが楽しいものであってほしいと思います。

f:id:butakosan:20170724233534j:plain