どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

オリジナル・ラブの各アルバムから選ぶ一番好きな曲 その五

最近お友達に教わってブランコの立ちこぎができるようになったゆきまる(娘・4歳)が絵を描いてくれました。

 

ゆきまる「おかあさん見て、たじまんとおかあさんがいっしょにブランコ立ち乗りしてるところ描いた!」

 

ありがとう。でも、せっかく描いてくれたけど、そんな機会は永久に訪れないと思います(泣)。

 

ゆきまる「おかあさん早く田島貴男さんとブランコ乗って~!」

ぶた子「そうだね、ただ、おかあさん田島貴男さんとお友達じゃないから一緒に立ち乗りできないかもしれないな~。」

ゆきまる「えーじゃあ、田島貴男さんにさ、」

f:id:butakosan:20170622224537j:plain

友達になろうと言えば友達になれる。

そう思っていた頃が私にもありました。

 

さて、「オリジナル・ラブの各アルバムから1曲ずつ好きな曲を選ぶ」というテーマで記事を書いていますが(直近の記事はこちらです。↓)、

butakosan.hatenablog.com

今日は5th、6thアルバムから1曲ずつ選びたいと思います。

…ですが、ここから何枚かはまだそこまで聴き込んでいないアルバムやすこし苦手意識のあるアルバムが出てきます。「オリジナル・ラブの曲はすべて素晴らしい!!どんな曲でも大好き!!」という立場のファンではないので…そういうところも正直に書いてみようと思います。

 

まずは5thアルバム、『RAINBOW RACE』。

RAINBOW RACE / DISCOGRAPHY / ORIGINAL LOVE OFFICIAL WEB SITE

一番最近入手したアルバムです。そのため、まだ全然聴き込んでいません!!

なので最初に聴いてみた印象で『夢を見る人』を選びたいと思います。

夢を見る人 ORIGINAL LOVE (PV) - YouTube

この曲を初めて聴いたときは実はあまりピンとこなかったのですが、美しく不思議な雰囲気漂う前奏はものすごく心に響きました。そして後日、再度聴いてみたときに、最初の印象とは全く異なって「なんだこれ、めちゃくちゃいい曲じゃん…!」と思ったのです。

歌詞も素晴らしいです。

 

“新しい物語 心に描けば チケットなしでいい

出かけよう 荷物はいらない

何も教えられていない子供のように”

 

ここの部分はいつ聴いてもグッときます。

 

ジャケットはこちら。

f:id:butakosan:20170622214357j:plain

CDの現物を手元で確認するまで、右側の人は冒険家の男性だと思っていました。

f:id:butakosan:20170622224554j:plain

 

次は6thアルバム、『Desire』。

Desire / DISCOGRAPHY / ORIGINAL LOVE OFFICIAL WEB SITE

1stの『LOVE!LOVE!&LOVE!』や2ndの『結晶』を聴いてからこのアルバムを聴くと、「えっ、えっ、これ同じ人なの?」と今でも思います。そのくらい、これまでとは毛色の違うアルバムです。一言で表現すると、民族音楽1stや2ndの「オシャレ」「シャープ」「クール」といったイメージからはガラッと変わっています。

そんな『Desire』から選ぶ1曲は、『日曜日のルンバ』

(動画を貼ろうと思いましたが見つからず断念。)

曲調も歌詞も明るく楽しげで、聴いているとウキウキしてきます。ついつい踊ってしまう1曲です。

 

“一週間分離れていた こころの距離はもうなくなって”

 

ここを聴くと、かつて付き合っていた人と東京⇔大阪間の遠距離恋愛をしていたことを思い出して思わず遠い目をしてしまいます。(現在の夫です。)

それにしても、このアルバムを聴いていると「田島貴男さんの音楽性は本当に幅広いなあ…」といつもしみじみしてしまうのでした。

 

ジャケットはこちら。

f:id:butakosan:20170622213343j:plain

どーん。

このジャケットがCD屋さんに置かれていたらちょっとギクッとします。

 

 

続きます。

 

 

 

オリジナル・ラブのライブ@札幌まで

あと 10 日!(さらに強調するために今日から太字にしてみました。

 

ツイッターをはじめました。

twitter.com