どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

オリジナル・ラブの各アルバムから選ぶ一番好きな曲 その弐

Twitterのタイムラインに流れてくるツイートで知ったのですが、なんと昨日(6月14日)はオリジナル・ラブのメジャーデビュー26周年記念日!!念のためウィキピーディア先生にお尋ねしてみたところ、

 

「6月14日、1stシングル『DEEP FRENCH KISS』を2曲入り8cmCDと限定盤3曲入り12cmCDの2種類で発売」。

 

確かにこう書かれています。

…出遅れました…。くやしいです…。

でも、

f:id:butakosan:20170615215729j:plain

1stアルバムのジャケットで、お花に埋もれる田島貴男さんです。私の趣味で花を飛ばしまくったわけではありません。でもお花の影響なのか、いつもよりやや少女漫画タッチになってしまいました。

 

せっかくなのでデビュー曲について語らせてください。この『DEEP FRENCH KISS』という曲がまたセクシーで良いのですよ。

ORIGINAL LOVE DEEP FRENCH KISS - YouTube

とにかく完成度が高すぎると思います。素人くささゼロ。演奏力は高いしメンバーのほとんどが20代のはずなのに大人の余裕があるし、リアルタイムで観ていたら衝撃を受けたのではないかと思います。

イントロで、田島貴男さんが「♪アァ~ハ~ア」(「♪エ~ァヘ~ァ」に近いかな?)と歌うところ。色気がすさまじいです。カタカナで書くと変質者ぽく(特に「エ~ァへ~ァ」の方)ただただあやしいだけで魅力を伝えられないので、とにかく聴いてください!

 

さて、二日前に「オリジナル・ラブの各アルバムから1曲ずつ好きな曲を選ぶ」というテーマで記事を書きました。

butakosan.hatenablog.com

さっそく続きに参りたいと思います。

次は2ndアルバム、『結晶』。

結晶 / DISCOGRAPHY / ORIGINAL LOVE OFFICIAL WEB SITE

1stのおしゃれな雰囲気を残したまま、さらに都会的でシャープかつクールに進化しています。
このアルバムから選ぶ1曲は、『フェアウェル フェアウェル』です。
(『月の裏で会いましょう』とどちらを選ぶか最後まで悩みましたがこちらを。)
聴くたびにしんみりしてしまう、哀愁漂うメロディーの名曲。恋人との別れを歌った切なさたっぷりの歌詞は木原龍太郎さん(キーボード)によるものです。


「気紛れなオレの我がままさ 独りになりたいから」

 

ORIGINAL LOVE FARE WELL FARE WELL - YouTube

そういう歌詞をこんな声(↑上の動画を観てください。)で歌われたら「あ…うん、もうすべて赦すわ。」と言わざるをえないですよ。反面、聴くたびに「そんな理由で別れるとか言わないで!納得できない!!」とものすごく悲しくなり、感情移入しすぎて憤りを覚えることもままあります。

そんな理由で恋人から別れを告げられた経験は特にないのですが。

f:id:butakosan:20170615215745j:plain

 

ジャケットはこちら。

f:id:butakosan:20170615205843p:plain

外国人らしき女性の目元と「結晶」という漢字二文字の組み合わせがクールです。

 

長くなったので続きます。

 

 

オリジナル・ラブのライブ@札幌まで

あと 17 日!(ひぃ~もうすぐだああ)

 

ツイッターをはじめました。

twitter.com