どこまでも果てなく、堕落の道を歩みたい二児の母のブログ

好きな音楽や子育てのことなどをイラストつきで日々記録します。

きっかけ その壱

オリジナル・ラブとの出会いは10年以上前に遡ります。

 

大学生だったその頃、好きな人がいました。

ドライブ中の車の中でその人はいつもCDをかけていました。

あるとき、メロディーが印象的でとても綺麗な曲が流れました。知らない曲だったので、その人に聞きました。

f:id:butakosan:20170509230324j:plain

 

f:id:butakosan:20170509230351j:plain

結局この恋は私の片想いに終わり、プライマルは聴くだけで当時の甘酸っぱい記憶がよみがえる、切ない青春の一曲になりました。

 

先日、ふとそのことを思い出して、Youtubeでプライマルを聴いてみました。

開始から3秒経過。(まだイントロ)

ぶた子「…。」

f:id:butakosan:20170509230940j:plain

 あの頃はきちんと聴く機会がなかったけれど、オリジナル・ラブ、いいかもしれない。

 

そしてYoutubeの関連動画から選んで聴いたのが、初期の名曲『月の裏で会いましょう -Let's go to the darkside of the moon-』でした。

この曲を聴くのはこのときが初めてでしたが、イントロ部分ですぐ体に電流が走ったような気がしました。

鼓動が高鳴り、息を止めて画面を凝視していることにしばらくしてから気づきました。

(衝撃を受けた動画なのでここに貼り付けたかったのですが、著作権の問題が発生しそうなのでやめておきました。Youtubeで“月の裏で会いましょう”“オリジナル・ラブ”で検索すると出てくるのでぜひ観ていただきたいです!!!)

 

ぶた子(えっ何これ、最初から最後までめっちゃくちゃかっこいい!!オリジナル・ラブってこんな曲もやってたの?!)

 

そのことももちろん衝撃的でしたがそれ以上に驚いたのは、

 

 

オリジナル・ラブって田島貴男さんひとりじゃなくて、

 

 

6人組だったの?!

 

 

(きっかけ その弐へつづく。)

butakosan.hatenablog.com

 

 

オリジナル・ラブのライブ@札幌まで

あと 54 日!

 

 

ツイッターをはじめました。

twitter.com